パート勤めの兼業主婦はお金を借りれる?

基本的に問題はありません。お金を借りることができる基準は、本人に安定した収入があることです。
パート勤めの兼業主婦にはパートという収入源があるのですから、お金を借りれるのです。
例えば、水商売(風俗など)のようなお仕事をされている場合でも、収入があるので全く問題なく借りることができますよ。
風俗嬢カードローン
パートは安定した収入なのかどうかという議論はあるかもしれませんが、ことお金を借りれるかどうかという基準に関しては、別に正社員である必要はありません。
最近当たり前のように増加している契約社員や派遣社員はもちろんのこと、パートやアルバイトであっても、もちろん収入の絶対額からみてお金を借りれる限度額が大きくなったり小さくなったりすることはあっても、勤務形態を理由に融資そのものを断られることはありません。

この観点から言えば、本人に収入のない専業主婦は、消費者金融からお金を借りることはできません。これは、旦那さんの状況、例えば正社員であるのか契約社員であるのか、はたまた失業中なのかといったこととは無関係です。
専業主婦は全くお金を借りることはできないのです。
兼業主婦の場合は本人に収入があるのですから、最初に述べたようにお金を借りれるのですが、もちろん審査は行われます。
基本的には本人の年収額、他社からの借り入れ状況、これまでの金融事故の有無などが審査されるでしょう。パート勤めの勤務先にも在籍確認のための電話がされるはずですから、これは心しておいてください。
パートの場合、その会社に勤めていることを十分に認識していない社員もいるかもしれませんから、注意しておいたほうがよいでしょう。
年収や他社からの借り入れ状況に関しては、総量規制が関係しています。
貸し倒れを防ぐために、全ての消費者金融を合わせて借りることのできるお金の上限が年収の1/3までに制限されているからです。

パート勤めの兼業主婦の場合、年収は多くて100万円程度であることがほとんどでしょう。となると、借り入れることのできるお金の上限は30万円程度ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です